巻き爪ブロック概要」カテゴリーアーカイブ

巻き爪ブロックの正しい使用方法について

「巻き爪ブロック」とは、巻き爪になっている爪を矯正するための補正具となります。

使用方法は爪の両側にフックを引っ掛け日常生活を普通に送ればいいだけと簡単であり、用具を使用し爪に穴をあけるという負担は一切行う必要はありません。とはいうものの、巻き爪ブロックには装着者の爪のサイズに合ったものを使用しなければならず「S」「M」「L」サイズから自身に適した大きさの物を選びます。

このページでは巻き爪ブロックの使い方を説明していますがご自分の爪のサイズにあった巻き爪ブロックを選んでいる前提での話です。

巻き爪ブロックは爪フックとバネからなる補正具である程度までなら伸縮可能な物なのですが、補正具であるため爪にはそれなりの負担を掛けなければならないのでここで自身に適していない大きさの物を使用すると十分な補正効果が得られなかったり、爪が割れてしまう原因となるので必ず爪の横幅をメジャーで測り大きさを確認してください。

巻き爪ブロックの使い方は次の通りです。

無事爪の両側に補正具をつけたのであればその上からカバーを貼らなければなりません。

これはバネ部分の凹凸を少しでも少なくし物の接触を防ぐ意味合いを持つほか、補正具が衝撃により外れてしまう事を防いでくれる代物です。

多くの場合は巻き爪ブロック製品に付属でついていることが多いので、使い購入の必要はなく付属品でしたら製品の特性に見合ったシートを使用しているので安心して貼ることが可能です。

巻き爪ブロックの特徴は「強い矯正力」

巻き爪に悩んでいる人は男女問わず多くいています。

巻き爪とは、足の指にある爪の両端の先端が内側に湾曲した状態になっていることを言います。巻き爪になるのは負担がかかりやすい親指になりやすいのですが、他の指になる人もいます。

巻き爪をほっておいて症状が進行していき、曲がった爪が指の肉の部分に食い込んでいきます。次第に激しい痛みを引き起こすようになったり、曲がった爪に巻き込まれた皮膚が化膿して歩けなくなることもあります。

巻き爪になってしまってからでも矯正することは可能なので、爪が肉の部分に食い込む前に爪を矯正することが必要になります。

巻き爪を矯正するのに活躍してくれるのが「巻き爪ブロック」です。巻き爪ブロックは巻き爪矯正グッズとしてはトップクラスの矯正力を持っています。

巻き爪矯正グッズには、貼るタイプや爪に挟み込むタイプなど色々とありますが、矯正力が弱かったり、矯正するのが目的ではなく痛みを和らげるだけのものもあったりします。

しかも、巻き爪矯正グッズは値段が高いものも多くあります。

そういう巻き爪矯正グッズのデメリットをなくしたのが、巻き爪ブロックです。

価格も手ごろで、数千円程度で購入することが可能で、かつ強い矯正力があり、コストパフォーマンスに優れています。

巻き爪ブロックを装着すると、巻き爪で痛みがある人は軽減されますし、痛みがなくなったという人もいています。

継続して巻き爪ブロックを装着していると次第に巻き爪が平らになってきます。

巻き爪ブロックは装着してもわからないようにオシャレにできているものもあり、足を露出しやすい夏などにも使用することができますし、走ったりや寝たり、お風呂に入ったりと装着したまま生活をできるので、継続して装着しやすくなっています。